腸で困ったら読むページ
お問い合わせリンク腸で困ったら読むページ

イレウス(腸閉塞)-症状や原因

腸は人間が生きていく上で重要な器官として、非常に高度な機能を発揮しています。しかし、そんな腸もシンプルな不具合で機能不全に陥ってしまうことがあります。その不具合をイレウスといいます。イレウスの症状や原因、治療法などについて解説していきます。

イレウス(腸閉塞)とは何か

イレウスは「腸閉塞」ともいい、腸が詰まって消化物や便が先に進まなくなる腸の病気です。踏ん付けたままのホースや中が錆で目詰まりした水道管からは先から水が出てこないように、何らかの理由で腸が詰まることで発症します。

症状

腸閉塞の症状としては、腸が詰まることで便やおならが全く出なくなるということが挙げられます。また、腹痛や吐き気を伴うこともしばしばあります。また、腸が詰まったことで圧力が高まり腸に穿孔が起こったり、詰まった腸組織が腐ったりするなどでショックを併発して命に関わることがあります。

原因

イレウス(腸閉塞)を起こす原因としては、「他の病気の合併症」「腸内部の異物による閉塞」「腸外部からの圧迫」などがあります。腸閉塞はクローン病や潰瘍性大腸炎、大腸ガンなどの潰瘍や腫瘍を起こす腸の病気の合併症としても知られています。また、回虫や胆管から十二指腸に落ち込んだ胆石などが腸内部に詰まって閉塞を起こすケース、腸周辺の臓器に出来た腫瘍で圧迫されて閉塞するケースなども腸閉塞の原因となります。このように腸が内部または外部からの圧迫が原因となる腸閉塞を『機械性イレウス』といいます。また、腸の吸収機能の低下や腸の収縮が原因となる『機能性イレウス』があります。

腸捻転

一昔前に流行したフラフープは、「やりすぎで腸捻転を起こした」というデマによって終焉を迎えました。この腸捻転も、実は腸閉塞に属する病気です。腸捻転は、水道のホースに例えると「ホースが途中で折れ曲がっている状態」と同じで、腸管が捻れることで閉塞してしまう病気なのです

絞扼性イレウス

腸閉塞の中でも、判断に難しいとされるのが絞扼性イレウスです。これは、「腸が周辺の繊維組織によって縛られて閉塞を起こす」という症状が特徴です。絞扼性イレウスは、X線やCTスキャンなどの検査を行っても、機械性イレウスとの区別がなかなか付けられないことがあります。絞扼性イレウスは、放置しておくと腸組織が腐ってしまい敗血症に発展することがある非常に危険な病気と言えます。また、ヘルニアによって出来た裂け目に腸が脱腸して入り込み閉塞を起こす「嵌頓ヘルニア」も絞扼性イレウスの一つです。

イレウスの治療

腸閉塞は、内科と外科に大きく跨った医学の集大成といえる病気の一つです。機能性イレウスや一部の機械性イレウスは内科治療の範疇で対処できるのですが、腸捻転や絞扼性イレウスなどは完全に外科治療の範疇でなければ対処できないのです。

内科的治療法

内科での腸閉塞の治療では、イレウス管と呼ばれるチューブを使った治療が行われます。鼻から食道・胃を経て、イレウス管を腸内部に進入させ患部の腸液や消化物を吸引して排出させるというものです。イレウス管治療の場合、口からの栄養補給が出来なくなるので点滴による輸液の投与が併用されます。

外科的治療法

絞扼性イレウスや腸捻転の場合、腸の形状そのものに異変が起きているので開腹手術で対応しなければならなくなります。特に、絞扼性イレウスは緊急性を伴う病気であるため、癌と同じくらい症状の特定の早さが生存率に直結すると言い切れます。また、胆石が原因となって腸閉塞が起きている場合も、開腹手術で胆石を除去して胆のうを切除する場合もあります。

腸
<a href="http://chodekomatta.com/" target="_blank"><img src="http://chodekomatta.com/img/banner.gif" alt="腸" width="88" height="31" border="0"></a>

腸で困ったら読むページ

<a href="http://chodekomatta.com/" target="_blank">腸で困ったら読むページ</a>

広告掲載